favorit
(Your browser doesn't support iframe) コロナ禍でも顧客エンゲージメントを維持するには   コロナがコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革をもたらしてい
パンデミックの影響で米国全体の広告支出は著しく落ち込んでいるため、デジタル広告の成長にも歯止めをかける恐れがあります。2008年の景気後退以降、驚くべき成長をもたらした複占であっても、
Z世代は最近、ベビー・ブーマー(団塊世代)を上回り、消費者の最大のコホートになりました。マーケターが彼らを理解しようと奮闘していることにも納得がいくでしょう。新型コロナは物事を混乱
世界広告主連盟(WFA: World Federation of Advertisers)は、最新の調査でコロナウイルス・パンデミックに対応して世界的な大企業ブランドが広告費を長期的かつ大幅に削減する必要があると発表
コロナウイルス感染症(COVID-19)が国際的に加速する中、ブランドはパンデミックをナビゲートするために社内外の両方で緊急対応をはじめています。先週だけでも、IBMの「Think」、「SXSW」、「
今後も、コンテンツマーケティングは消え去ることがありません。コンテンツは、顧客の期待に応えるために、新しいフォーマット(例: 音声とスマートオーディオ)、高度な方法論(例: アジャイル
世の中にはさまざまな業界と数え切れないほどの企業が存在し、企業の数以上にコンテンツが存在します。各ブランドとも独自の特徴や特性を持っていますが、それをどのように捉え、乗り越え、コン
GE、Amex OPEN Forum、Red Bull、そしてNewsCredの#ThinkContent Awards受賞者など、世界を牽引するコンテンツマーケターに関する記事をあなたはすでにいくつか目にしているかもしれません。コ
Event
▼登壇者 協和キリン 株式会社|コーポレートコミュニケーション 部長 吉田 聡子さま 株式会社 日本ビジネス出版|環境ビジネス編集長/学校法人先端教育機構 SDGs総研 主任研究員 白田
▼登壇者 SundaySky|CEO Jim Dicsoさま 株式会社電通|電通イノベーションイニシアティブ開発部 部長 青木 圭吾さま   本レポートでは、株式会社電通の青木圭吾氏とSundaySk
▼登壇者 株式会社日立製作所|ブランド・コミュニケーション本部 デジタルコミュニケーション部 担当部長 米山 卓美さま アドビ システムズ株式会社|執行役員 マルケト事業担当 マーケ
▼登壇者 協和キリン 株式会社|コーポレートコミュニケーション 部長 吉田 聡子さま 株式会社 日本ビジネス出版|環境ビジネス編集長/学校法人先端教育機構 SDGs総研 主任研究員 白田
▼登壇者 SundaySky|CEO Jim Dicsoさま 株式会社電通|電通イノベーションイニシアティブ開発部 部長 青木 圭吾さま   本レポートでは、株式会社電通の青木圭吾氏とSundaySk
▼登壇者 株式会社日立製作所|ブランド・コミュニケーション本部 デジタルコミュニケーション部 担当部長 米山 卓美さま アドビ システムズ株式会社|執行役員 マルケト事業担当 マーケ