favorit
Anchalee PhanmahaAnchalee Phanmaha

コロナパンデミックを通じてマーケティングから学んだ3つの教訓

私は自分のコミュニティにあるローカルビジネスから、多くの力、連帯感、そしてインスピレーションを引き出してきました。それは本質的に、彼らがサービスを提供する人々の仕組みと織り交ぜられ、新しい規範と新たに出現するニーズに共感し、自社のモデル、運用、コミュニケーションを即座に調整することを余儀なくされています。

大企業もかなり素晴らしい行動をとっていますが、多くの場合、規模を拡大することは非常に困難です。そんな中、新たな方針のもとに従業員をサポートし、最前線で彼らを保護し、ニューノーマルに向けて大規模なメッセージングとメディア戦略をピボットさせているのを目にします。

私たちが取るべき行動を示すにあたり、圧倒されてしまうこともあるでしょう。しかし、私たちは時代を超えてMaya Angelouの格言を伝えるべきなのです - 「学んだときは教えなさい。手に入れたときは与えなさい」

誰にとっても教訓になる、過去2週間に私が愛着を抱いたこと、関心を持てなかったこと、そして学びを得たことをいくつかご紹介します。

 

メッセージが有効でも、トーンが肝心

トーンに関する学びは小売業でもっともよく目にします。大きなビジネス圧力の下で、プロモーションやオファーが受信トレイに殺到します。しかし、受け取り方によって、想定外の歓喜と嫌悪感の違いを生み出すのです。

オファーをする際には、典型的な小売に見られる”緊急度”を控えましょう。「友達と家族」のように、新しく否定的な意味を想起させるような決まり文句は使わないようにしてください。誰にとっても適応が難しく、慎重に扱うべき自宅勤務や隔離期間に関するシナリオは過度に取り扱わないようにしましょう。

消費者とのコミュニケーションは慎重に

企業使命が自然に私たちの現状と交差するようなブランドは、真のつながりをより安易に構築することができるでしょう。どの企業もがそれぞれの役割を担っています。たとえば、ドライブスルーやデリバリーへメッセージングを急転換させる大手QSR(クイック・サービス・レストラン)から、心身の健やかさを維持するヒントやツールを提供するヘルスケアとウェルネスのブランド、そして私たちの健康を願い、より良き時代を思い出させ、再会できる日が来ることを再認識させてくれるホスピタリティ業界にまで、感受性がさまざまな形で表現されています。

共通のテーマは、コンシューマーファースト(消費者第一)であり、コンバージョンファーストではありません。コロナによる危機的状況下で支援とサポートが必要な新しい消費者の現実を鑑みて、計画したすべてのCRM、有料コンテンツ、オウンドコンテンツ戦略を再評価してください。この消費者の脆弱性については、伝えるべきではありません。

どうしたらいいかわからないときでも、励ましと共感を

パンデミックをきっかけに、ウイルス以上に多くの課題が明らかになり、サプライチェーン、ヘルスケアシステム、政府の脆弱性が露呈しました。これらの脆弱性から安全性を確保するには、今、あなたができることをするのです。私たち全員に影響を及ぼし、人々が解決策と連帯意識を切実に必要としている世界的危機の中においては、あらゆるブランド、セレブリティ、インフルエンサーがそれぞれの役割を果たすべきです。専門家のガイダンスを徹底させ、あなた自身の行動を通して良い手本を示し、共感してください。

 

この記事は、Adweek を通じてKristen Colonnaが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

元記事「3 Lessons Learned From Marketing Through Coronavirus so Far」は2020年4月13日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのVictoria Goldenが執筆し、Industry Diveのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

 

Related Articles
コンテンツマーケティングはすでに飽和状態にあり、マーケターの60%が1日に少なくとも1つは新しい記事を投稿しています。2011年から2016年の間に、1社1ヵ月あたりの平均投稿数が800%増加しま
デジタルトランスフォーメーションの煽りを受け、エクスペリエンスエコノミー(経験経済)は今日のビジネスにおけるニーズをシフトさせています。かつてはブランドの観点から「nice to have(あ
消費行動が複雑化している現代において、マーケティングの効果を最大限に発揮するには、チーム間の垣根を超えたコラボレーションと戦略が欠かせないものとなっています。 統合型マーケティン
「The past is a foreign country; they do things differently there. (過去は異国だ。そこでは異なる方法で物事が行われる。)」 – L. P. Hartley この言葉は、これまでのブランド体験に
経済危機の恐怖が差し迫る中、企業は予算の削減を余儀なくされています。大幅な財政削減が最初に見られた1つは、マーケティング予算です。マーケティング機能はビジネスの成長と発展に不可欠で
日常が戻ってきましたか?段階的に国が義務付けた経済活動再開に関するニュースはその反対を示唆しており、不確実性がニューノーマルになっています。 私たちは、社会的隔離と物理的制限を伴