favorit
EKKAPHAN CHIMPALEEEKKAPHAN CHIMPALEE

ゲーム業界がお手本〜5つのビデオマーケティングレッスン〜

ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略から学び、実行できる5つの重要なポイントをご紹介します。

 

コミュニティを形成する

 

過去1年間におけるFortniteによる進化は、マーケターが着目すべきものです。このゲームは、バトルロワイヤルゲームとしてのステータスを超越して、プレイヤーが共有し、体験し、さらには一緒に踊ることができるソーシャルスペースになりました(試してみるまで酷評しないでください。)

Fortniteのマーケティングにおける進化の一例として、Marshmelloとのライブバーチャルコンサートが挙げられます。Showtimeモードの導入で、パフォーマンス中は誰も攻撃できなくなり、ゲームの焦点がソロで体験から世界中の1,000万人以上の人々に共有されるひと時へと移り変わりました。

コミュニティの重要性はそれだけに留まりません。2019 Fortnite World Cupを見てください。3,000万ドルの賞金を獲得し、200万人以上の人々が参加して、3日間のライブイベントで最高のバトルを繰り広げ、ゲーマーたちを1カ所に集結させ、その才能を讃えました。

ポイント:

オーディエンスはこれまで以上に受容的で積極的にエンゲージするだけでなく、コミュニティを期待しています。ブランドは、成長を続けるために、このエンゲージメントにおける変化に対応し、人々が参加したいと思い、長期的に支持されるコミュニティを形成する方法を見出してください。

 

スタンドアロン型のコンテンツは存在しない

デジタルの世界では、長期的な戦略、とくにリード獲得、ローンチ、ポストローンチの3つの主要段階について考える必要があります。

トレイラー(予告編)、特注編集、ソーシャルビデオはもはや追加要素ではなく不可欠な要素であり、ゲームブランドはしっかり的を射ているのです。発売前に、ゲームのトレイラー、グラフィック、シーンがリリースされ、最初にビデオでユーザージャーニーを形成しています。

ただし、ゲームのリリース時点でジャーニーが終わるわけではありません。昨年のBattlefield 5の発売では、発売後の4カ月で3つの章が追加され、毎週イベントとリワード(報酬)に追加して、新たなマップ、ストーリー、カスタマイズツールが提供されました。

ポイント:

ビデオはメインイベントになるだけではありません。ビデオは、コンテンツ戦略すべての段階で使用されるべきです。ブランドは、コンテンツの長期的な配信計画を模索し、そのフィルムを視聴した前後でオーディエンスにどう行動して欲しいのかを検討してください。

 

良い面と悪い面に取り組む

Googleによると、最近家電製品やサービスを購入したゲーマーの87%は、基本的には知り合いへ自分が購入したものを勧めていると回答しており、そのうちの69%はオンラインで購入した商品を評価してレビューする可能性が非常に高いと言います。このような類のエンゲージメントはマーケターが切望するものですが、非常に迅速に悪い方向に転じる可能性があります。Metro Exodusの発売に関するレビューの炎上をチェックしてみてください。

ポイント:

コンテンツを公開する前に、反応が高く外交的で、上記のような反応を予測しておきましょう。否定的なコメントを受け取ったときの対処方法や対応方法(あるとしたら)に関するルールブックは存在しませんが、ブランドの声を維持し、できる限り準備することです。

 

変化を恐れない

Pandemoniumを覚えている人はいますか? いいえ、すでにいないでしょう。しかし、BattlefieldやCall of Dutyは知っているかもしれません。一部のゲームは、成長し、オーディエンスとともに絶えず革新しているという理由だけで、他のゲームよりも強い関連性を維持しています。

ポイント:

絶えず変化し続けるオーディエンスを認め、受け入れてください。あなたのオーディエンスは間違いなく年をとり、時間とともに習慣を変えていくでしょう。彼らの忠誠心と興味を維持する方法として、ブランドが彼らに適応してともに成長していかねばなりません。さもなければ、Spyroと同じ足跡をたどり、オーディエンスがあなた以上の成長を遂げる時代に二の足を踏んだ状態になるでしょう。

 

これはブランドコンテンツの未来へ、何を意味するのでしょうか。

消費者の信頼と忠誠心は、成功するすべてのマーケティング戦略の基盤です。重要なのは、もっとも宣伝されるブランドになることや、そのためだけに動画を制作することではなく、ブランドの価値と目的を伝えるための最良の方法を見つけることです。ゲーム業界が私たちに何かを示しているとすれば、それはコミュニケーションの障壁を打ち破りさえすれば、マーケティング活動の可能性に制限などないということでしょう。

 

この記事は、Adweekを通じてSydney Luckenが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

元記事「5 Video Marketing Lessons Brands Can Learn From the Gaming Industry」は2019年12月5日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred Blogを通じてAdweekが執筆し、Industry Diveのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

 

Related Articles
小田急電鉄株式会社が発行する情報誌『ODAKYU VOICE』。紙の冊子が2008年から、次いでWeb版が2013年からスタートし、小田急線沿線のお店やスポットなど、さまざまな魅力を伝えてきました。そん
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能