favorit
itsarasak thithuekthakitsarasak thithuekthak

米国経済がゆっくりと再開に向かう中で、ブランドが準備を整えるための6ステップ

日常が戻ってきましたか?段階的に国が義務付けた経済活動再開に関するニュースはその反対を示唆しており、不確実性がニューノーマルになっています。

私たちは、社会的隔離と物理的制限を伴う社会的な相互作用の新たな状況を行き来しています。消費者は、自宅で過ごすことと外出の意味を再定義する間で揺れ動いている状態です。

私は15年間にわたりグローバルマーケティングエグゼクティブを務め、数十の象徴的なブランドと協業してきました。大企業は、マーケティング戦略を簡単に変更して、こうした二極化と消費者習慣をほぼリアルタイムで転換できる計画を立てることができません。そのうえ、Covid-19はトレンドのアクセラレーターになっています。ブランドはステップアップを期待され、テクノロジー企業がより良いサービスを生み出す取り組みを結集させるにつれ、ビッグデータに関するナラティブは変化しています。Cam-to-Cam(カメラ対カメラ)式が新たなFace-to-Face(対面)式になり、爆発的に増加を続けるeコマースで顧客を維持しようと試みる中、ストリーミングはハイパードライブ状態になっています。

あなたのチームは、クリエイティブアセットの俊敏性、コミュニケーションのトーンとタイプの変更、パフォーマンスメディアへの投資のシフトで、これらのトレンドに対応することへ未だ焦点を当てているかもしれません。しかし、加速するトレンドと瞬間的な行動の転換には、一般企業が慣れている段階的な変化ではなく、迅速なピボットが必要です。つまり、次への飛躍が新たな一歩へとつながるのです。

Cam-to-Camが新たなFace-to-Faceになり、企業は爆発的に増加を続けるeコマースで顧客を維持しようと試みるにつれ、ストリーミングはハイパードライブ状態。

このような不安定な環境下でより適切に予測を行い、実行するために、ブランドはどのような準備をすべきでしょうか。

 

カスタマージャーニーにフォーカスする

CPGと小売業者は、デジタル上における買い物客の購入経路に重点が置くようになりました。カスタマージャーニーを明確に設計し、それらをコホート間の行動にマッピングします。新しいジャーニーがどのような状態かを理解することが重要です。それにより、主要な戦略や戦術を損なうことなく、顧客の状態間を素早くピボットできるようになります。

デジタル体験を再考する

小売業界やエンターテインメントに携わっているブランドの場合、現在では物理的な体験に制限が課されているため、テクノロジーを使用して顧客に新たな価値を提供してください。機能と利便性はいつでも派手なアクティベーションより勝るものです。ロイヤルティを構築し、一時的なエンゲージメントより収益化するには、ライブエクスペリエンスを立て直す必要があります。

マーケティングテクノロジースタックを最適化する

自動車、ファーストフード、消費財の伝統的なブランドを担当している場合は、簡単に変更できる領域に焦点を絞り、即座にROIを示しましょう。現在のeコマースブームでは、テストと最適化が規模よりも重要です。迅速なテストの実施、測定と分析に対するより迅速なアプローチ、機敏なパーソナライゼーションツールを検討してください。自動化に焦点を当て、戦略のために時間を空けましょう。DTCブランドは、このアプローチで長い間利益を得てきました。

人的資本の配分を再考する

グローバル企業であればこれはとくに重要です。私たちは、パーソナライゼーションの需要が加速する、前例のない時代を迎えています。競合他社を凌ぐ機会を掴み取り、成長を推進させてください。

ICEスコアフレームワーク(ICE = I(Impact:インパクト)×C(Confidence:確信度)×E(Ease:容易性)を使用して、タスクに優先順位を付け、最終的な収益にもっとも影響を与えている要素に焦点を当てましょう。ICEスコアが高いほど、社内チームと代理店との間で該当するタスクを緊密に調整する必要が高くなります。

代理店チームを再構成して、市場への俊敏性とスピードを向上させましょう。人材配置計画のスペシャリストが影響力の大きいタスクに重点を置いていることを確認し、チャネルのエキスパートが新しいアプローチや戦術に素早く移行できるようにします。これは、できる限りリアルタイムでインサイトに基づいて行動できるように構成され、十分に活かしきれていないFTE(常勤職員)を影響力の大きなタスクに再配置する絶好の機会です。

データインフラストラクチャと戦略のギャップを修正する

社内の連携不足と矛盾するアジェンダは、データに関する短期的および長期的なビジョンにギャップを生み出します。今の消費者行動の動的な性質を鑑みると、顧客を完全に把握し、傾向を特定して迅速な行動をとりやスクする強力なデータのバックボーンを持つことが、今まで以上に急を要する課題となっています。

簡素化された作業に焦点を当てる

旅行、QSR(クイック・サービス・レストラン)、金融サービス、電子機器のグローバルブランドに所属している方は、これまでに厄介なサイロや内部プロセスと闘ってきたかもしれません。現在の環境では、その方法における欠陥や障害をすべて拡大させてしまいます。しかし、今すぐに最適化する時間を設ければ、近い将来にかなりの利益がもたらされます。そして最終的には、急成長中のブランドと遅れをとっているブランドの、唯一の差別化要因となる可能性があります。

歴史はリアルタイムで刻まれています。マーケターとして、あなたはこの変化の最中にグロースハッキングの考え方を結集させ、採用しなければなりません。これらの提案にフォーカスすれば、指数関数的な効果が見られるでしょう。場合によっては、コロナ以降の世界であなたのブランドの存続、または繁栄が決まるでしょう。

 

この記事は、Adweekを通じてSosti Ropaitisが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

元記事「6 Steps for Prepping Your Brand as the US Economy Slowly Reopens」は2020年5月6日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのVictoria Goldenが執筆し、NewsCredのパブリッシャー・ネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

 

Related Articles
小田急電鉄株式会社が発行する情報誌『ODAKYU VOICE』。紙の冊子が2008年から、次いでWeb版が2013年からスタートし、小田急線沿線のお店やスポットなど、さまざまな魅力を伝えてきました。そん
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能