favorit
Lucy LambriexLucy Lambriex

【編集部おすすめ】業界別:コンテンツマーケティングの成功事例まとめ(1)

世の中にはさまざまな業界と数え切れないほどの企業が存在し、企業の数以上にコンテンツが存在します。各ブランドとも独自の特徴や特性を持っていますが、それをどのように捉え、乗り越え、コンテンツに落とし込みながらコンテンツマーケティングを推進しているのでしょうか。この記事では、業界ごとにコンテンツマーケティング成功事例をまとめてご紹介します。

 

ファッション業界のコンテンツマーケティング: 最新トレンドと大手ブランドの成功事例

77.png

季節ごとにトレンドが変わり、その都度流行が生まれる。煌びやかで華やかなイメージのあるファッション業界ですが、ネットショッピングが普及した今、ロイヤルティと売り上げを向上させるために、コンテンツマーケティング戦略が欠かせなくなっています。ファッション業界の強みは、目で楽しませ、心がワクワクする体験を瞬時に伝られること。ファッショントレンドと同じように、ブランド独自の個性・意見・スタイル・オーディエンスに合わせたコンテンツで、ユーザーのライフスタイルの一部になることを目指しましょう。

記事を読む

 

2019年のヘルスケアコンテンツマーケティング: 成功への課題とヒント

772.png

肩こりを解消する方法は? お腹がキリキリと痛むときはどう対処すべき? 頭痛が治らないけど病院に行った方がいいのかな…。誰もが一度は、体の不調を解決するためにキーワード検索をした経験があるのでは。つまり、健康に関する話題は常に高い関心を集めるトピックであり、ヘルスケア業界は自社が持つ知識やノウハウを真正なコンテンツという形に変え、大きな価値を提供できるということです。世界でもっとも優れた病院として取り上げられるCleveland ClinicとMayo Clinicの事例から、ヘルスケア業界がコンテンツマーケティングで成功する5つのヒントをまとめてご紹介します。

記事を読む

 

自動車業界のコンテンツマーケティング: 長い道のりと大きなチャンスを秘めた業界

773.png

自動車は決して安価な買い物ではありません。そのため、消費者は購入を検討している車に対して、口コミやウェブサイトなどを片っぱしから目を通し、より多くの純粋かつ有益な情報が欲しいと望んでいます。堅調なライブラリやコンテンツハブを構築するより、一度限りのキャンペーンに集中することが多い自動車業界ですが、ブランドメッセージや自動車本来の魅力をもっと強力に伝えるには、コンテンツマーケティングの力が必要です。この記事を参考に、自社にあったコンテンツマーケティング戦術をうまく組み合わせ、レースでトップを勝ち取ってください。

記事を読む

 

AbbVieのJavier Boix氏が語る「製薬業界こそストーリーテリングが重要である」

774.png

飛躍的な科学の進歩、革新的な研究の成果、患者の転帰の改善…製薬業界には、生きたストーリーが次々と生み出されています。こうしたストーリーは表立って語られることがありませんが、そこにこそ多大な価値があるとバイオ医薬品会社「AbbVie」のJavier Boix氏は語ります。彼らのコンテンツ戦略、コンテンツを通して達成したいことなど、製薬業界が参考になるポイントをインタビュー形式でまとめました。

記事を読む

 

金融業界のコンテンツマーケティング: コンテンツで信頼と競争力を築くには

775.png

NewsCredが実施した金融業界とコンテンツの価値に関する調査では、「銀行が有益なコンテンツを制作した場合、55%の人がその銀行に対して一層の信頼を置く」「50%の人が高品質のコンテンツを提供してくれる銀行に忠実であり続ける」など、コンテンツに対する需要を明らかにしました。コンテンツマーケティングは適切に実行することで、ビジネスに真の影響を与えます。その際に重要な信頼関係とロイヤリティを築くためには、コンテンツマーケティング戦略を構築し、質の高いコンテンツを適切なチャネルで配信すること。この記事では調査結果を交えながら、顧客の認識と金融業界におけるコンテンツマーケティングの可能性について詳しく解説します。

記事を読む

Related Articles
(Your browser doesn't support iframe) コロナ禍はデジタル通信に焦点を当てる COVID-19がコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革的な影響を与えていることは周知の
(Your browser doesn't support iframe) コロナ禍でも顧客エンゲージメントを維持するには   コロナがコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革をもたらしてい
パンデミックの影響で米国全体の広告支出は著しく落ち込んでいるため、デジタル広告の成長にも歯止めをかける恐れがあります。2008年の景気後退以降、驚くべき成長をもたらした複占であっても、
Z世代は最近、ベビー・ブーマー(団塊世代)を上回り、消費者の最大のコホートになりました。マーケターが彼らを理解しようと奮闘していることにも納得がいくでしょう。新型コロナは物事を混乱
世界広告主連盟(WFA: World Federation of Advertisers)は、最新の調査でコロナウイルス・パンデミックに対応して世界的な大企業ブランドが広告費を長期的かつ大幅に削減する必要があると発表
コロナウイルス感染症(COVID-19)が国際的に加速する中、ブランドはパンデミックをナビゲートするために社内外の両方で緊急対応をはじめています。先週だけでも、IBMの「Think」、「SXSW」、「