favorit
Luis AlvarezLuis Alvarez

今こそ団結しよう: リモートチームをまとめる5つのヒント

2020年になってから、リモートワークが私たちの働く環境を大きく変えました。リモートチームという形態は、作業やその管理に不慣れな人にとって衝撃的な変化です。

マーケティング、とくにコンテンツ制作においては、物理的に同じスペースにいるチームまたはグループ同士で作業を行い、実在する会議を開催してきました。しかしそれは、世界的なパンデミックをきっかけに、騒々しい幼児やニャーニャーと鳴いている猫と一緒に参加するビデオ通話がニューノーマルになるまでの話です。

ただ、見方を変えればこれは、生産的かつ有意義な方法でリモートチームが協働する方法を立て直すきっかけにもなります。American Expressの元グローバルコンテンツマーケティング担当ディレクターであるStephanie Kingは、ほぼ10年間にわたってリモートで運営をしてきました。彼女が苦労して学んだことは、たとえどこで仕事をしていたとしても、自分のチームの生産性に磨きをかけることを望む全ての人に役立つものです。

 

#1 – 戦略は、成功するリモートコンテンツチームにとって、なくてはならないものです…

どんなコンテンツマーケターも、明確な戦略の欠如は成功に影響を及ぼすと教えてくれることでしょう。Content Marketing Instituteによるリサーチでは、もっとも成功しているコンテンツプログラムの65%は文書化された戦略に従っていると示される一方で、成功していないプログラムはわずか14%しか従っていないと強調されています。

American Expressのグローバルコンテンツリーダーの1人として、Stephanieは、パフォーマンスの高いリモートチームはオーディエンスに対して注力し続ける戦略が重要な役割を果たすと実証しています。「指標となるフレームワークがある場所に到達することが重要です」と彼女は言います。「私たちは、エディトリアルコンテンツ戦略のバックボーンを本質的に形成する5つの主要なオーディエンスのニーズを特定しました」。

 

#2 – とは言え、すべてのチームに同じ戦略が必要ではない

コンテンツに優先順位を付ける戦略は重要ですが、組織全体が1つの戦略に従うことがミッション・クリティカルというわけではありません。1つの戦略に従うことがより必要な企業もありますが、Stephanieは、「コンテンツがその組織内で果たす戦略的役割」によって変わるものだと言います。

American Expressでは、事業内容によって遵守できない、または遵守の必要がない非現実的なルールを設定するのではなく、主要なオーディエンスをグローバルで均一にカバーできるように各ビジネスユニット向けの戦略が世界規模で設計していることを強調しています。「私たちには単一のグローバル計画やプログラムを持っていませんでした」とStephanieは言います。「自分のビジネスユニットにたった一つあるグローバルコンテンツ戦略に向けて取り組んでいました… これは優先地域と市場全体に向けて実施するという中心的な見方です」。

 

#3 – アプローチに柔軟性を組み込む

適切な種類の戦略に固執すべきことも重要ですが、Stephanieはアプローチにある程度の柔軟性を持たせることもリモートチームの成功率を向上させることにつなががると考えています。現在のアプローチや戦略が「毎年、四半期毎に切り落とされたり変更されたりしないように、十分な柔軟性を持たせておく」ように準備しておきましょう。

柔軟性と一貫性は相反する優先事項のように思われるかもしれませんが、Stephanieは、
American Expressでは柔軟性を備えたことが、コンテンツがビジネスにおいて不可欠な要素だと見なされるようになった大きな理由であると詳述しています。「私がここ数年、目にしてきたことは、企業組織のためのサービス部門になるのではなく、戦略的パートナーのような役割を担っていることを明確に、しっかりと認識していなければならないということです」と、彼女は言いました。

#4 – リモートチームが使用する技術を簡素化する

コンテンツプログラムの管理に関して適切なテクノロジーを導入している組織はわずか16%であり(Content Marketing Instituteによる2019年度調査による)、Stephanieはテクノロジーへの意図的で簡素化されたアプローチの必要性を明言しています。

彼女の経験から、「テクノロジーは、American Expressと社員、とくにコンテンツチームにとって、絶対的なゲームチェンジャーでした」と語り、テクノロジーはリモートコンテンツチームの成功に重要な役割を担っていると言います。

多くのリモートコンテンツチームがテクノロジーを工面しながら、そのアプローチの拡張と維持方法について明確な計画を持たないまま、2020年の前半をやり過ごしてきました。Stephanieは、「多くの異なるプロセス、数え切れないほどのメール、数多くのスプレッドシート」といった経験を通して、テクノロジーを使用した包括的なアプローチをなくして、あらゆるリモートコンテンツチームの成果を拡大または維持することは非常に難しいと理解したのです。

 

#5 – 他のチームとコラボレーションするための最初の一歩を踏み出す

コンテンツは組織のマーケティング、コミュニケーション、顧客向けのイニシアチブの多くに行き渡る共通のテーマだとよく解説されます。もしあなたがリモートコンテンツチームの一員であるとしたら、この原則を理解し、他のチームと連携して成功と生産的な協力関係を確保することが一層重要になります。

American Expressのグローバルコンテンツチームのその他のメンバーと共に、Stephanieは他のチームと話し合い、連携し、コンテンツがビジネス全体のニーズを満たしていることを確認しました。それが重要な役割の1つであり、リモートコンテンツチームの仕事の中でもっとも達成感を覚えることの1つであると彼女は語ります。そして「コンテンツに関係するコラボレーション、すべてを擁護すること、またはすべてに対して結束性のある責任意識を持つことにより、運営が非常にユニークで魅力的な空間になります」と添えました。

 

この記事は、StoryationとNewsCredが共催した2020年7月のウェビナーでStephanieに共有していただいたアドバイスとインサイトを元に作成されました。ウェビナーの視聴をご希望される方は、弊社までEメールでお問い合わせください。視聴方法をご案内いたします

 

元記事「Better together: Five tips for remote content teams」は2020年8月5日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのVictoria Goldenが執筆し、Industry Diveのパブリッシャー・ネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
コンテンツマーケティングはすでに飽和状態にあり、マーケターの60%が1日に少なくとも1つは新しい記事を投稿しています。2011年から2016年の間に、1社1ヵ月あたりの平均投稿数が800%増加しま
デジタルトランスフォーメーションの煽りを受け、エクスペリエンスエコノミー(経験経済)は今日のビジネスにおけるニーズをシフトさせています。かつてはブランドの観点から「nice to have(あ
消費行動が複雑化している現代において、マーケティングの効果を最大限に発揮するには、チーム間の垣根を超えたコラボレーションと戦略が欠かせないものとなっています。 統合型マーケティン
「The past is a foreign country; they do things differently there. (過去は異国だ。そこでは異なる方法で物事が行われる。)」 – L. P. Hartley この言葉は、これまでのブランド体験に
経済危機の恐怖が差し迫る中、企業は予算の削減を余儀なくされています。大幅な財政削減が最初に見られた1つは、マーケティング予算です。マーケティング機能はビジネスの成長と発展に不可欠で
日常が戻ってきましたか?段階的に国が義務付けた経済活動再開に関するニュースはその反対を示唆しており、不確実性がニューノーマルになっています。 私たちは、社会的隔離と物理的制限を伴