favorit
Klaus VedfeltKlaus Vedfelt

【編集部おすすめ】 若年層の興味関心はどこにある?コンテンツマーケティングで惹きつける方法

Z世代にミレニアル世代、ゆとり世代にさとり世代…。いつも新たなトレンドに敏感で、独自のカルチャーを生み出し、消費文化の中心にいる若年層の人々。物心ついた頃からデジタルと接し、SNSで共感しあうデジタルネイティブな世代には、画一的なアプローチでは心に響かせることができません。今回は若年層への理解を深めるための記事を5つまとめてご紹介します。彼らはどのような価値観を持ち、どんなことに心を踊らせ、感動するのでしょうか…?

 

ブランドが若年世代のカルチャーを理解したうえでメッセージを発信するには

11.png

社会的な信念を優先させつつ、若い世代とつながり、影響を与えるには?

若年層が発信する言葉の裏には、直接伝えられないニュアンスや奥深さが眠っており、非常にデリケートなものです。ブランドがそこへ瞬間的に加わるには、確固たる信頼性を構築しなくてはなりません。彼らはブランドをどう捉え、どのようなコミュニケーションを望んでいるのでしょうか。重要なポイントをまとめて解説します。

記事を読む

 

グッチのような歴史ある高級ブランドがいかにしてZ世代の賛同を得たか

22.png

創業からおよそ1世紀、今では世界中でその名が知られているブランド、グッチ。近年はローコストでトレンドが楽しめるブランドが増えたことや節約志向の若者による「ブランド離れ」が加速していますが、2018年度のグッチの売上の62%を占めていたのは35歳未満の若い世代でした。また、グッチの中で急成長しているセグメントはなんと、獲得が困難と言われるZ世代。同ブランドは、いったいどのような手段で若者の心を掴んでいるのでしょうか?その秘密について、グッチで陣頭を執るBizzarri氏に語っていただきました。

記事を読む

 

ミレニアルズに直接対話で聞く「アナタたちが求めているコンテンツは何ですか?」

33.png

コンテンツを通して史上最も絵大きな影響力を持つミレニアル世代をエンゲージさせる最適な方法とは何でしょうか?本記事では、詩人、YouTuber、宇宙飛行士の訓練生など、多様な肩書きを持つミレニアル世代のHussain Manawer氏から直接、効果的な戦術とアドバイスを伺い、そのポイントをまとめました。同氏が言うには答えは一つ。「彼らを巻き込むこと」です。

記事を読む

 

Z世代向けのコンテンツマーケティングで成果を出すためには?

44.png

1990年代半ば〜2000年初頭に生まれ、物心ついた時からスマートフォンやタブレットを持ち、ソーシャルメディアのハンドルネームをニックネームがわりに育ったZ世代の若者たち。ミレニアル世代とはさらに価値観や考え方が異なるため、Z世代向けのマーケティングを実施するには、まず、彼らについて理解を深めることが重要です。マーケターは、すでに20〜25億人に登り、440億ドルもの購買力を発揮する次世代のターゲットに注力すべきだと言えるでしょう。

記事を読む

 

ミレニアル世代の意識: コンテンツでブランド・ロイヤルティを高めるには

55.png

コンテンツの量に加え、配信チャネルが増えたことで、消費者は日々、大量のコンテンツを消費しています。ミレニアル世代とつながり、関係性を維持するためにも、現代のブランドにとってコンテンツマーケティングは必須だと言えるかもしれません。彼らが求めるコンテンツを制作・配信し、成功した4ブランドの事例を交え、ブランドロイヤルティを高める方法を探っていきませんか。

記事を読む

Related Articles
小田急電鉄株式会社が発行する情報誌『ODAKYU VOICE』。紙の冊子が2008年から、次いでWeb版が2013年からスタートし、小田急線沿線のお店やスポットなど、さまざまな魅力を伝えてきました。そん
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能