favorit

金融業がマーケティングで成功する方法〜エモーショナルインテリジェンスを活用したNew York Lifeの事例

金融サービス業のコンテンツマーケティング事情は混み合っているため、私たちのチームはその舞台裏を覗ける機会に飛び付き、世界最大のマーケティングステージの1つであるスーパーボウル向けのコンテンツ制作に必要なものについて話を聞く機会を得ました。

NewsCredとFinancial Communications Society(FCS)の関係性が拡大する中で、2月のNew York Yacht ClubにおけるFCS主催の月次CMO昼食会シリーズの基調講演に先立ち、New York Lifeのマーケティング共同責任者であるKari Axbergを紹介しました。Kariは非常に素晴らしい経歴を持つ人物で、現在は、戦略、インサイト、カスタマーエクスペリエンス、クリエイティブなど、New York Lifeブランドの表現全般を監督しています。

また、FCSのCEOであるKevin Windorfの招待により、New York LifeのAgápē Super Bowlのスポットでデビューし、2020年の創業175周年記念に併せた「Love Takes Action」キャンペーンの立ち上げについて、金融サービス業のマーケティングおよびコミュニケーションのエキスパートグループの講演が行われました。

 

エモーショナル・インテリジェンス

 

NYLife.png

 

Kariは、175年の歴史を有する生命保険会社が適切な方法でつながるという課題に取り組み、New York Lifeが人間性を強調する必要性と、より良い未来を構築するために人々が行動を起こす上で重要な愛、不屈の精神、信頼、共感が果たす役割について語りました。彼女は、New York Lifeを感情的かつインテリジェントなブランドとして成長させるという素晴らしい成果を成し遂げています。

それを体現するように、同社のホームページであるNewYorkLife.comのトップには、購入商品のリストの代わりに、人々が愛情にもとづいて行動する支援を行ってきた同社の175年間にわたるストーリーが特集されています。

Kariは、Agápēのスポットの目的は、スーパーボウルの観客との感情的なつながりを確立することだったと言います。重要な優先事項には、New York Lifeのポリシーの所有者、エージェント、および従業員の多様性を反映させること、そしてNew York Lifeのブランド性に忠実であることが含まれていました。

彼女は、New York Lifeのナラティブの中核にある大きな理想が提言するのは、「私たちが自分自身と私たちの愛する人々のためにより良い未来を築く力を持っていることを誰もが認識していれば、世界はもっと良い場所になる」と説明しました。

 

制作について

チームは、タイトなタイムラインの中、評判が高く著名な人物を出演させ、斬新な作品を発表しました。Sanctuary ContentのCole Webleyが監督し、Anomalyがこのスポットのクリエイティブと制作を主導しています。Agápēは、ベテラン女優であるTessa Thompsonによるインパクトのあるナレーションを起用し、特注の楽譜は、世界的に有名な作曲家Max Richterが作成し、ロンドンのロイヤルフィルハーモニー管弦楽団の74名の音楽家達が演奏を担当しました。

金融教育について

Kariは商品について教育する際に金融サービス会社が果たすべき役割について尋ねられたとき、独特な視点を提供しました。彼女は講演参加者に、金融面の教育は重要ではあるが、教育だけでは不十分だと説明したのです。むしろ、彼女は変化を引き起こすには「行動をサポートする教育」が必要だと信じています。この意図は、永続的に善い方向へと影響をもたらす鍵となります。

成果

Kariは、1億人の視聴者になるスーパーボウルの観客がもたらすあらゆる物事に備えるべく、スーパーボウルの間を「war room(作戦指令室)」で過ごしたと説明しました。結果、New York Lifeの統合型マーケティングアプローチは高く評価されました。成果は次のとおりです。

  • 1億4,300万回のインプレッション数
  • 1億300万回のYouTube再生回数
  • 190以上のメディアプレイスメント
  • NewYorkLife.comのAgápēページに142,000人の訪問者/アクセス回数
  • TimeとForbesのリストを含む複数の「Best of Super Bowl」リストへの掲載

New York LifeのAgápē Super Bowlのスポットはこちらからご覧いただけます。#LoveTakesAction

 

この記事はNewsCredのバイスプレシデントであるChase Neinkenが執筆しました。

 

元記事「How New York Life Uses Emotional Intelligence to Win Financial Services Marketing」は2020年3月30日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのChase Neinkenが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
「コンテンツマーケティング戦略を強化したい」「定常的に利用できるフォーマットがあればいいのに」「さまざまな業界、ブランドの成功事例が知りたい」 そんなマーケターに向けて、コンテン
次の2つの文を比較してください。「The fox is coming for the chickens.(キツネがニワトリを捕りにやって来る)」「The seeds are coming for your yard.(あなたの庭に種が飛んで来る)」。
Covid-19は、従来型広告の経路を断ち切り、マーケティングの再構築についてブランドを不安な状態に陥れています。私がこのような節目に直面したのは今回が2回目です。幸いなことに、1回目は数
Fast CompanyのShape of Tomorrowシリーズでは、コロナが各業界をどのように転換させているか、ビジネスリーダーの視点を共有しています。新たな世界秩序で失われたもの、そして得られそうなも
効果的なリーダーシップのコアコンピテンシーの1つは、緊迫した状況下でも利害関係者や同僚とコミュニケーションがとれることです。 思い出せる限り、コロナの大流行ほど世界中のリーダーに
あなたは、マーケティングリソース管理が次の目玉になっていた時期を覚えていますか? 複雑化するマーケティングキャンペーンを管理できるソフトウェアシステムを提供するというアイデアで、マ