favorit
Weekend Images Inc.Weekend Images Inc.

組織に適したコンテンツマーケティングプラットフォームと評価方法

すでに、「What is a Content Marketing Platform(コンテンツマーケティングプラットフォームとは)」を読まれた方もいるかもしれません。この記事では、CMPを使用するメリットを説明しています。コンテンツマーケティングプラットフォームは、コンテンツ作成と配信から近年はマーケティングプロジェクト管理機能が追加されるようになり、最新の定義は注目に値します。CMPは、アイデア創出とプランニング、配信、ROIの測定に至るまで、コンテンツ作成のエンドツーエンドプロセスを一元化および合理化することで、コンテンツマーケティングの効率と成果を促進するソフトウェアソリューションです。

マーテックの一部としてコンテンツマーケティングプラットフォームを導入するか否かを決定するのは簡単です。キャンペーン管理、マーケティングリソース管理、そしてマーケティングプロジェクト管理の機能を1つのソフトウェアに統合したくない人などいるでしょうか? 難しいのは、市場に出回るものを評価し、組織に適したプラットフォームを選択することです。この記事では、あなたの組織がCMP導入の準備が整っているかを判断する方法と、マーケティングのニーズに最適なプラットフォームを選択する方法を詳しく解説します。

 

マーケティング管理プラットフォームの導入準備ができている兆候

以下の問題がいくつも発生しているなら、その解決策としてコンテンツマーケティングプラットフォームの評価を始めるときです。

 

Do you need a cmp_.png

あなたの組織に適したプラットフォームを評価する方法

ステップ1.マーケティング組織にとって何が重要かを判断する

コンテンツマーケティングプラットフォームを実装するメリットがあると確証したら、現在のプロセスにおける不足点と、CMPが日常業務にどう適するかを判断しましょう。マーケティングチームとしての目標は何ですか? 現在、その目標をどのように実行し、測定していますか? 上記の課題に欠けていることは何ですか?

あなたのチームが可視性と非効率性に苦戦している場合、また共有のスプレッドシートでキャンペーンを実行している場合は、コラボレーションプロセスを簡素化し、マーケティングプロジェクトの管理機能を有したプラットフォームに重点を置くべきかもしれません。または、キャンペーンアセット(コンテンツ、クリエイティブなど)を保存するための場所が不在であることも考えられます。その場合、マーケティングリソースの管理機能を備えたプラットフォームがチームにとって魅力的に映るかもしれません。現時点でコンテンツのパフォーマンスと運用効率の測定に効果的なプロセスを持っていますか?強力な分析機能を備えたプラットフォームが必要かもしれません。

プラットフォームの機能(譲れない/なくてはならない機能と、あったら良いと思う機能)以外に、チームにとって重要なことは何ですか。サポートサービスが必要、または欲しいですか?一部のコンテンツマーケティングプラットフォームベンダーは、コンテンツ戦略やフリーランスのコンテンツ作成ネットワークへのアクセスなど、ソフトウェアとセットにした追加サービスを提供しています。あなたの組織がこのようなサービスを必要としているなら、今こそ検討すべきときかもしれません。

ステップ2. 調査を行う

必要な機能を把握したら、調査を開始しましょう。大抵のベンダーのサイトには「機能」のページがあるので、該当するベンダーのプラットフォームが提供する機能について正確に確認できるはずです。上位3つの候補の古き良きプロ/コン(賛否: 良い点と悪い点)リストを作成すると、組織のニーズを考慮に入れながら各候補の位置付けを適切に整理できます。各ソリューションプロバイダーの機能と提供内容を比較して、どこがどの点において上回り、どこが不足しているかを検討しましょう。そのプラットフォームは柔軟性があり、多目的ですか?マーケティングプロジェクト管理、リソース管理、コンテンツ作成をすべて1カ所でサポートする機能が搭載されていますか?

機能とは別に、顧客リストを調べるのも良いアイデアです。ソフトウェア会社は通常、クライアントのケーススタディをサイト上で閲覧できるようにしていますが、これは、そのプラットフォームがあなたのニーズに対応しているかを判断する際に役立ちます。同様に、外部のWebサイト(G2crowdCapterraなど)で顧客によるレビューを探すことも、提供する企業の商品とカスタマーサービスがどれほど優れているか、ある程度の(フィルタリングされていない)アイデアを与えてくれるでしょう。

こうした評価は、包括的な分析結果を提供してくれるため、他の内部関係者に回覧して同意を得ることや、調査の深さを示すことができるようになります。コンテンツマーケティングプラットフォームはある程度の額の投資になる場合があるため、事前調査をやり遂げたこと、市場の動向を理解していること、そして情報にもとづいた意思決定に向かって進んでいることを論証することが重要です。

ステップ3. デモを依頼する

上位3つの候補にまで絞り込みました。ステップ3では実際にCMPの動作を確認しましょう。期間限定の無償トライアルやフリーミアムのプレミアムサービスが利用可能なオプションがあるかを確認してみてください。一部では、サイト上で事前に録画されたデモを公開しているベンダーもいますが、営業担当者または技術コンサルタントへの問い合わせが必要なベンダーもあります。

営業担当者との話し合いを進めるなら、プロ/コン(賛否:良い点と悪い点)リストを手元に用意し、自社や他の利害関係者の代わりに回答すべき質問(価格設定等)を用意しておくことをお勧めします。このタイミングで、実装のロジスティクス問い合わせても良いでしょう。実装とトレーニングにはどのくらいの時間がかかりますか?そのプラットフォームはあなたの現在のテクスタックのどこに適合しますか?強固な統合をもたらしてくれるものですか? そのプラットフォームを適切に運用するために、認定された専門家を雇う必要がありますか? 価値実現までに要する時間はどれ位ですか?

ステップ4. 主要な利害関係者から意見を聞く

コンテンツマーケティングプラットフォームは、統合型キャンペーンを協働、実行および測定するために組織全体で使用されることになるため、マーケティングチームの各リーダーだけでなく、幹部からも同意を得る必要があります 。

それには、デモセッションを追加し、全ユーザー向けの無償トライアル、RFPのレビューが必要になる場合があります。最終的には製品の導入に役立つため、選択したプラットフォームを全員が認め、プロセスのオーナーシップ(当事者意識)を感じられるようにしておきましょう。

 

まとめ: 評価用チェックリスト

  1. 現在のプロセスに不足しているものを特定する
    • マーケティングの目標、基準およびKPI
    • (上記)それぞれをどのように測定するか(またはその能力の欠如)
    • 譲れない(なくてはならない)機能 対 あったら良いと思う機能
    • 追加のサービス/サポート
  2. 市場調査
    • 利用可能なベンダー
    • 上位候補/選択肢
    • 上位3つの長所と短所
    • 現時点の顧客によるレビューとケーススタディ
  3. デモの依頼
    • 無償のトライアルまたはフリーミアムオプション
    • 営業担当者とのやりとり(相談)
    • 価格/セット商品の提供
    • 実装のロジスティクスについて検討/問い合わせる
  4. 利害関係者からのインプット(フィードバック)
    • マーケティングチームによるデモ
    • マーケティングチームの各セクションに価値を示す
    • 意思決定時に関してチーム間で連携が取れていることを確認する

 

 

元記事「How to Evaluate the Right Content Marketing Platform for Your Organization」は2019年8月1日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred Blog のAli Hart が執筆し、Industry Diveのパブリッシャー・ネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能
マーケターとして、私たちの誰もがマーケティングプロジェクト管理の実務において苦い体験を味わってきました。完了まで2週間だったプロジェクトは、ほとんどが引き延ばされ、バージョン管理が