favorit
juliana-kozoski-IoQioGLrz3Y-unsplash (1).jpgjuliana-kozoski-IoQioGLrz3Y-unsplash (1).jpg

クリックレスな世界で生き残って成功するには

最近のデータによると、Google検索の50%未満がクリックにつながっています。

逆を言えば、Googleの検索結果の半分以上が、Googleが所有しないウェブサイトやプロパティへのクリックスルーに至っていないということです。

 

Google no click results1

上記のデータはClickstreamを介して取得され、SparkToroによって分析されました。

SERPからクリックする人が少ない理由

Googleによるオーガニック検索トレンドのマイルストーンは、いくつかの要因によって発生しています。

  • 検索エンジン結果ページ(SERP)機能の増加により、外部のWebサイトからGoogleの検索結果に直接情報を取り込むことができるため。たとえば、注目のスニペットと「People Also Ask」(関連する質問)のボックスなど。
  • 増加するバーティカル(Googleフライト、Googleマップ、YouTube等)に表示されるGoogle関連のプロパティと機能。
  • 有料広告に対してより多くのトラフィックを誘導するSERPデザインの継続的な変更

 

ウェブサイトへの影響

クリックが発生する検索が少ないほど、Webサイトへのアクセス数が少なくなる可能性があります。これにより、オーガニックの可視性やランキングの順位は上昇しますが、オーガニックトラフィックの減少につながる場合もあります。

トラフィックとコンバージョンは従来、SERPSからサイトへ遷移するユーザーに依存していたため、サイトのパフォーマンス測定に影響が及ぶことになります。

トラフィックとコンバージョンに影響が及ぶ程度はバーティカルに大きく左右されることになりますが、Googleがリーチを拡大し続けるにつれて、SEO戦略について学べる教訓があります。

 

どのように対応すべきか

クリック数が以前よりも減少しているため、オーガニック検索のランドスケープはかつてないほど競争力を高めています。しかしながら、オーガニック検索は依然として重要な機会です。ウェブサイトを存続させつつ、新たな検索環境で成功しているかを確認するためにできることがいくつかあります。

1.GoogleのSERP機能を最適化する

検索結果の中にはクリックへ至らないものもありますが、SERPに存在すれば、ブランドの認知度やウェブサイトを検索者の関心の最前線に維持するなど、その他のメリットも得られます。Google機能向けにサイトを最適化することは、競合他社が同じ機会を利用していないことも意味します。

対象となるSERP機能を調査する場合は、優先順位を付けてください。そのサイトでSERPのCTRが減少しても、CTRの高いキーワードのみに絞るのか、クリックではなく認知度を高めることを目的とするのかを選択することで最適化できます。ランドスケープ状況に注意し、情報にもとづいた意思決定をしましょう。

2.Googleが所有するプロパティのコンテンツを最適化する

ウェブサイトがGoogle所有のプロパティによるトラフィックを十分に活用できる状態にすることで、オーガニッククリックが減少しても、ブランドを表示させ続けることができます。ある旅行会社は、Googleフライトに含まれたいと思っているかもしれません。また、物理的な場所を有するウェブサイトは、Googleのローカルパック用に最適化しておきたくなるでしょう。

3.サーチジャーニーを最適化する

サイロ内で検索が行われることはほとんどありません。1回の検索結果でクリックに至らなかったとしても、将来的な検索活動によりアクセスが増加する場合もあります。ウェブサイトをサーチジャーニーのあらゆる段階においてユーザーのニーズに応えるよう設定することで、適格なリードを獲得する絶好のチャンスを得られるでしょう。

オーガニック検索の環境はますます競争が激化し、Google自体に独占されているため、製品を提供するだけでは不十分です。

4.ユーザーをWebサイトエクスペリエンスの中心に据えたコンテンツの構築を継続する

オーガニック検索はマーケティングキャンペーンの重要な部分を占めますが、SEOは特効薬ではありません。人々に再訪してもらうには、顧客が大好きな製品と体験を構築してください。

Googleが現在、検索結果に関連する独占禁止法について、米国司法省から調査を受けていることは注目に値します。外部要因に依存することは決してお勧めしませんが、議論が進行中であることは注目に値します。

 

Googleの結果が原因でクリック数が減少している場合、その他の検索エンジンをターゲットにした方がいいのか

多くのSEOキャンペーンは、そのほとんどがGoogle向けの最適化に焦点を絞っています。

Googleは検索結果からのクリック数をかつてないほどに減少させていますが、未だに最大の検索エンジンであることに変わりありません。つまり、Googleでのわずかな獲得が、より小規模な検索エンジンにおける大幅な上昇に相当するのです。

Search_Engine_Market_Share.png

 

Googleは検索エンジンテクノロジーの最前線であり、その他の検索エンジンが追いついてくることも考えられるでしょう。しかしながら、Google向けに最適化するということは、ウェブサイトの将来性を保証することにもなるのです。

 

この記事は、The DrumのDan Cartlandが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンス化されたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

元記事「How to Survive and Thrive in a Clickless World」は2019年9月24日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCredを通じてThe Drumが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンス化されたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
株式会社リクルートホールディングス(以下、リクルート)のビジョンは「Follow Your Heart」。“一人ひとりが、自分に素直に、自分で決める、自分らしい人生”を送る、そんな世界観の実現を目指
最近のデータによると、Google検索の50%未満がクリックにつながっています。 逆を言えば、Googleの検索結果の半分以上が、Googleが所有しないウェブサイトやプロパティへのクリックスルーに
2019年最後の四半期は、マーケティングリーダーが2020年の予算と戦略を計画し始める時期でもあります。それとともに、脳裏にはいくつかの質問を思い浮かべるのではないでしょうか。マーケティン
2005年、突如テレビCMに現れた「きこりん」は、住友林業が生み出した木の精のキャラクターです。きこりんがビル街を浮遊するインパクト抜群のCMは当時、多くの注目を集めました。そこから15年ほ
アカウント・ベースド・マーケティング(ABM)は、業界の最新トピックとして注目を集めています。 ABMは、マーケティング活動を市場全体ではなく、少数の主要な取引先企業に集中させる方法で
コンテンツマーケティングハブは、ブランドのオリジナルコンテンツとライセンスドコンテンツ専用のオウンドスペースです。それがなければ、ブランドのソートリーダーシップ・販促資料・投稿・署