favorit

【Q&A】コンテンツマーケティングを限られたリソースで最大限にいかす方法は?

「コンテンツマーケターに聞いてみよう」は、NewsCred Insightsの新しいコラムです。このコラムで、私たちはコンテンツマーケティングに関する質問にお答えします。何か質問はありますか? 質問があれば、メールアドレスsuccess@newscred.comまたはTwitterの@NewsCredにご連絡ください。私たちが相応しい専門家を探して、質問に答えてもらいます。あなた本人の許可なく、名前や会社名を明かすことはありません。

 

【Q】 限られた予算と少数のチームでコンテンツマーケティングのパフォーマンスを最大限に発揮する方法は?

Aこれは良い質問で、私にも関連するものです。NewsCredも同じく、小規模、少人数のマーケティングチームであり、リソースも限られています。長編映画や世界を驚かすような作品と同じスケールで、大胆かつ野心的なコンテンツマーケティングを制作する手段を持っていません。

ですが、私たちはビッグロックコンテンツの積極的な提唱者です。なぜなら、実際にコンテンツの力がどれだけ強力であるかを見てきたからです。直感に反するように聞こえることは承知の上ですが、チームが小規模で予算も限られている場合、どうすれば強力なコンテンツを作ることができるでしょうか?

ビッグロックコンテンツは総合的なマーケティングキャンペーンの中心になります。マーケティングチーム全体を共通の目標に向かわせて、誰もがスキル、才能、専門知識、さらには予算に貢献することができるのです。テーマは、あなたのブランドの核となるもので、あなたが影響力を発揮したいと考えているものでなくてはなりません。

ビッグロックコンテンツは、ソーシャルメディアや電子メール、その他のデジタルチャネルに力を与えて、オンラインセミナーやイベントにも結びつけます。その強力なコンテンツを発信すれば、他の無数の資源(アセット)に切り分けて、長期的にデジタルチャネルに燃料を注ぎ込むことができるのです。

それ相応の時間と予算、リソースが必要になるので、ビッグロックコンテンツにコミットするのが難しいと感じるかもしれません。それでも、自社の主要目標とKPIに合わせてビジネス上の事例を作成すれば、あなたの会社が事業成果を獲得する上でいかに役立つかを示してくれるでしょう。

参考記事:

 

Heather Victoria Eng.jpg

 

Heather EngはNewsCred編集長で、NewsCredの論説、コンテンツ制作、流通、最適化、測定を含むコンテンツマーケティング部門を管轄しています。

 

元記事「Q&A: How Can I Maximize My Lean Content Marketing Budget + Team」は2018年5月16日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのHeather Engが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
小田急電鉄株式会社が発行する情報誌『ODAKYU VOICE』。紙の冊子が2008年から、次いでWeb版が2013年からスタートし、小田急線沿線のお店やスポットなど、さまざまな魅力を伝えてきました。そん
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能