favorit
kaleidico-wnf_LJiJG0E-unsplash.jpgkaleidico-wnf_LJiJG0E-unsplash.jpg

【編集部おすすめ】SEO対策を実施する前に読みたい記事7選

コンテンツマーケティングの担当者にとって、コンテンツの効果を最大限に引き上げるための1施策として、検索エンジン最適化(SEO)の対策は欠かせないものです。しかし、SEOは一度対策を講じたら終わりというものではなく、アルゴリズムによる変動に対策し続けなくてはなりません。ユーザーとコンテンツマーケティング担当者の両方にとって有益になるよう進化を遂げている現在のSEOにおいて、どのような対策がもっとも効果的でしょうか。

現在のSEOの効果がわかるチェックリストから、SEO向けのタイトルやコンテンツの制作方法、そしてテクニカルSEOまで、読めばSEOに強くなれる記事をピックアップしてご紹介します。

 

タイトル重視のSEO:コンテンツマーケティングでSEOを意識するための4つのポイント

 

CopyBloggerが実施した調査によると、読者の80%がヘッドライン(見出し)だけを読んで離脱するといいます。逆を言うとこれは、タイトルの書き方次第でコンテンツの効果が大きく左右されるということです。Googleが高くランクづけしたいと思うタイトルを書くために意識すべき4つのポイントを押さえ、オーディエンスが読みたくなるタイトルをつけましょう。

記事を読む

 

ライセンスドコンテンツを使ってSEOを向上させる方法

 

ライセンスドコンテンツとは、パブリッシャーから合法的に配給してもらう第三者のコンテンツのことです。

信頼できるパブリッシャーによる高品質のコンテンツは、本サイトのSEOを傷つけるどころか、サイト全体のSEOを強化するうえで重要な役割を果たしてくれます。この記事ではコンテンツを上位にランクインさせることができるベストプラクティスを徹底解説します。

記事を読む

 

ジャーナリストから学ぶ「Googleに好かれる記事の書き方」

 

「読まれるコンテンツはどのように制作すべきですか?」

元・ジャーナリストが言うには、良質なオンラインコンテンツは理論と実践が表裏一体であることが重要だとか。キーワードやデータに集中しすぎて、素晴らしいアイデアやストーリーを後回しにしないこと、そして書くことすべてのプロセスを楽しむことで、上位表示されるコンテンツを生み出してください。

記事を読む

 

コンテンツマーケティング担当者向けのSEOチェックリスト [FREE DOWNLOAD]

 

現在、あなたのブランドのウェブサイトではどのようなSEO対策を行っていますか? それはどれほどの効果を発揮していますか? まずは現在のコンテンツが適正であるかをチェックしてみましょう。

最適化されたコンテンツに含まれる7つの要素を理解し、無料でダウンロードできるチェックリストを活用して、検索上位にランクインするコンテンツを作り出してください。

記事を読む

 

マルチメディアコンテンツの効果を上げるには 〜UX+SEOのベストプラクティス

 

オーディエンスの興味を喚起するためには、テキスト、ポッドキャスト、インフォグラフィック、動画など、多種多様なフォーマットでコンテンツを作成しなくてはなりません。そして、どのフォーマットで制作をするにしても、ユーザー体験とSEO、両方の最適化を行う必要があります。ウェブ上のトラフィック、エンゲージメント、コンバージョンを最大化するベストプラクティスとは?

記事を読む

 

テクニカルSEO(内部施策) 〜その全貌とコンテンツマーケティング戦略に与える影響

Magnifier on computer keyboard

 

オンページSEO戦術ばかりに目が行き、テクニカルSEOの改善を見逃してはいませんか? 検索エンジンフレンドリーなサイトを構築するには、テクニカルな調整が必要不可欠です。テクニカルSEOの基本を押さえ、包括的な戦略に組み込んでいきましょう。エラーやサイトの健全性を確認するための「テクニカルSEOの監査チェックリスト」もダウンロードで利用できますので、ぜひご活用ください。

記事を読む

 

コンテンツマーケティングの価値を高めるSEO8策

SEOは消費者の声であり、マーケティング担当者に強力なインサイトをもたらします。つまり、SEOとコンテンツマーケティングは結びつくことで、優れたカスタマーエクスペリエンスを構築することができるのです。“SEOとコンテンツの組み合わせ”という文脈で成功するために必要な8つの重要ポイントを説明します。

記事を読む

Related Articles
コンテンツマーケティングの世界では、素晴らしいまたは目立つB2Cブランドに注目が集まりがちですが、B2Bマーケターにとってもコンテンツは大きな役割を果たしてくれます。Content Marketing In
日本アイ・ビー・エム株式会社のオウンドメディア「Mugendai(無限大)」は、1969年に同社が創刊した企業広報誌が前身です。現在のWeb版は2013年にスタートし、さまざまな業界でチャレンジする
かつて、スポンサー契約はスポーツマーケターを満足させるのに十分なものでした。しかしながら、広告の飽和化と新たなチャネルの急増で、ブランドやクラブはファンとより深い関係を構築できる新
コンテンツマーケターは、他のコンテンツマーケターと話をするのが好きです。オーディエンスのペルソナに関するストーリーを作り上げ、マーケティングファネルに沿って記事やケーススタディの構
B2B向けのInstagramアカウントは、決して評判が良いとは言えないようです。その多くが、従業員のグループショット、カンファレンスの風景、またはおしゃれで洗練されたデザインオフィス画像が数
株式会社リクルートホールディングス(以下、リクルート)のビジョンは「Follow Your Heart」。“一人ひとりが、自分に素直に、自分で決める、自分らしい人生”を送る、そんな世界観の実現を目指