favorit

NewsCred

Service

コンテンツマーケティングを、次のステージへシフトさせる。

コンテンツマーケティング運用効率を飛躍的に上げるために開発された「プラットフォーム」

世界的に著名なメディア/出版社のコンテンツを二次利用できる「ライセンスドコンテンツ」

グローバルトップブランドとの成功経験、集合知をもとに修練された専門家による「アドバイザリーサービス」

複合的かつ反復的に3つのアプローチを実行することで、企業のコンテンツマーケティングを成功に導きます。

Clients

Works

前編では、コンテンツマーケティングの取り組みを始めたきっかけから富士通株式会社のオウンドメディア「FUJITSU JOURNAL」のコンテンツ戦略までを語っていただきましたが、後編では鼎談形式でNewsCredのサービスを採用した経緯や導入による効果、今後の展望について語っていただきました。   トレンド情報を適度な距離感で使えるNewsCred 駒村: 前々から、アマナさんには「FUJITSU JOURNAL」のオリジナル記事制作でご協力いただいていましたが、その延長で「ライセンスドコ
現在のようにコンテンツマーケティングが注目される以前から、ユーザーが求める情報を意識したコンテンツ提供を、自前の紙媒体とWeb上で行ってきた富士通株式会社。同社は、アマナが日本でのエージェントを務める世界有数のコンテンツマーケティングプラットフォーム「NewsCred」も活用しながら、常に顧客とのより良いコミュニケーションの在り方を追求しています。 ここでは、オウンドメディアの「FUJITSU JOURNAL」を育ててきた、グローバルマーケティング本部ジャパンマーケティ
前編では、株式会社ポーラが運営するオウンドメディアMIRAIBIで、立ち上げ時の課題からNewsCredを導入した背景までを語っていただきました(前編はこちら)   NewsCredで解決された「コンテンツ量を担保する」という課題 田中:この言葉はとてもショッキングでした。つまり、いいコンテンツを作っても結局見られなかったら意味がない。質はもちろん大事ですが、量を担保できないなら『海に砂を投げている』ことと同じだと。コンテンツ量は重要だという漠然とした思いが確信に
消費者が自ら情報を探して商品を購入するいまの時代、企業が伝えたいメッセージは届きづらくなっています。そこで、ターゲット層の興味軸に沿って価値のある情報を提供し、ターゲット層と企業の関係性を段階的に深めていく、コンテンツマーケティングが注目されてきました。 その代表的な施策であるオウンドメディアには現在多くの企業が取り組んでいます。しかし、オウンドメディアを立ち上げ、継続し、効果を出すまでに至る道のりは険しい現状もあるでしょう。株式会社ポーラでオ
Related Articles
誰もが、「一枚の絵は一千語に匹敵する」ということわざを聞いたことがあるでしょう。Gartnerのコンテンツマーケティング・プラットフォーム(CMP)に関するマジック・クワドラントも例外ではありません。     このテックトークでは、NewsCredのプラットフォームにおいて、どの機能が評価され、マジック・クワドラントで最高評価を獲得したのかを深く掘り下げていきたいと思います。   Gartnerのマジック・クワドラントで“Leader”に選出 本年度、CMP
Gartnerは最近、コンテンツマーケティング・プラットフォーム(CMP)における第二回目のマジック・クワドラントを発表しました。覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年の第1回報告書で当社は「Leader」に選ばれ、象限の一番右上に配置されました。本年度、NewsCredは2年連続で「Leader」に選出され、「Execution(実行能力)」・「Vision(ビジョンの完全性)」ともに最高評価を受けたことをご報告いたします。     NewsCredチームを代表して、心よ
コンテンツマーケティングとは、ブランドが非宣伝なコンテンツで顧客とオールウェイズ・オンの関係を築き、あらゆるインタラクションで価値を提供するというデジタルマーケティングの一種です。コンテンツマーケティングは、たんなるブログ記事や編集戦略以上のものへと進化し、今では、メール・ソーシャルメディア・SEO・有料配信など、幅広いデジタルマーケティング戦略でターゲットオーディエンスにリーチする総合的なアプローチとなっています。 コンテンツマーケティングプロ
たとえチームが人手不足だと感じるときも(実際にそうであったとしても)、マーケティング担当者はひとりで業務を遂行するわけではありません。キャンペーンを成功させるには、プロジェクト管理、計画立案の共有、創造的なコラボレーション、文書化など、スタッフとチームに向けたガバナンスが必要です。そして、多くの大手ブランドが目標としている「完全な統合型キャンペーンの構築」をすることで、コラボレーションや視認性を次のレベルへと引き上げることができるのです。 統合
マーケティング担当者の間でよく話題に上るのは、バイヤージャーニーのすべての段階に向けたコンテンツを作成するにはどうすれば良いのか? ということです。 私たちは、自社のブランドを知らない人たちにも興味を喚起させるために、ソーシャルメディアやブログ記事といった「top-of-funnel(見込み客育成の初期段階)コンテンツ」を制作しています。それだけでなく、見込み客との関係を構築して顧客へと変換させるために、特集記事、長文記事、ホワイトペーパー、ウェビナーとい
11月の選挙の結果、政治評論界はDonald Trump氏の驚くべき勝利を説明すべく、躍起になっていました。意外な勝利は、人口の変化、世論調査の信頼性の低下、または候補者の強みと弱点を見落とした結果だったのでしょうか? ひとつの説は、フェイクニュースの拡散です。 Buzzfeedは、選挙戦中の過去3カ月間、Facebookにおいて現実のニュースよりも政治的領域でのフェイクニュースがエンゲージメントを獲得したと報告しています。これによって、Facebookに対処を求める声が広がりま