favorit

コンテンツマーケティング

デジタルコミュニケーションの加速度な進化は、情報流通にパラダイムシフトを起こし、「コンテンツの在り方」に大きな影響を与えています。「OPTMS lab.(オプティマス・ラボ)」は、そんな過渡
小田急電鉄株式会社が発行する情報誌『ODAKYU VOICE』。紙の冊子が2008年から、次いでWeb版が2013年からスタートし、小田急線沿線のお店やスポットなど、さまざまな魅力を伝えてきました。そん
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
93%―Content Marketing Instituteによると、この数値は今年、ブランド構築と需要創出のためにコンテンツ マーケティングに依存していると回答した組織の数です。購入者の87%が、デジタルコン
Covid-19に伴うピボットを積極的に計画または実行していなければ、あなたはこの景気後退がサマーセールや新学期セールなどの年間イベントに向けたキャンペーン企画にどのような影響を及ぼすのか
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
マーケターとして、私たちの誰もがマーケティングプロジェクト管理の実務において苦い体験を味わってきました。完了まで2週間だったプロジェクトは、ほとんどが引き延ばされ、バージョン管理が
マーケティングコミュニティの誰もが、「マーケティングチームが生産するコンテンツの65%が無駄になっている」ことを嫌というほど理解しています。とはいえ、無駄を省き、カスタマージャーニー