favorit
optms_wf_pc-840x473.jpgoptms_wf_pc-840x473.jpg

企業のコンテンツ活用トレンド [FREE DOWNLOAD]

デジタルコミュニケーションの加速度な進化は、情報流通にパラダイムシフトを起こし、「コンテンツの在り方」に大きな影響を与えています。「OPTMS lab.(オプティマス・ラボ)」は、そんな過渡期にあるともいえる「コンテンツ」の「調査・研究」を行うシンクタンクです。今回のレポートは、「企業のデジタルコンテンツ制作・活用の実態」をテーマに、約400社を対象にしたインターネット調査を実施し、その結果をお届けしていくものです。

OPTMS lab. では、このようなレポートを定期的にOPTMS contentにて配信していきます。


Related Articles
デジタルコミュニケーションの加速度な進化は、情報流通にパラダイムシフトを起こし、「コンテンツの在り方」に大きな影響を与えています。「OPTMS lab.(オプティマス・ラボ)」は、そんな過渡
世界的に見てコンテンツマーケティングは、もはやそれ以外はマーケティングではないと考える専門家も現れるほど、ビジネスにとって不可欠な存在となっています。しかし、欧米と比べて、日本では
マーケティング施策を成功させるために計測と最適化がきわめて重要な要素であるということに疑いの余地はないでしょう。Webサイトの状態を把握するためにはAdobeやGoogleのアナリティクスのよう
コンテンツと業績は明確に結びついています。しかし技術の進化によってマーケティング担当者は、カスタマージャーニーを追跡できるようになりましたが、データの量が膨大なため、非常に精通した
検索エンジン最適化(SEO)はコンテンツマーケティングに欠かせないものになってきているため、ターゲット顧客にリーチする最適化されたコンテンツをどうやって作り出すかを理解することは非常