favorit
Thomas BarwickThomas Barwick

【編集部おすすめ】NewsCred渾身の究極ガイド集をまとめてご紹介!

コロナを機に、この数カ月でデジタルマーケティングにより注力するブランドが急増しています。すでにコンテンツマーケティングを実施しているブランドであれば、もっと拡大したい、大きな効果を生み出したい、チーム間での進行をよりスムーズにしたいなど、さまざまな課題を抱えているのではないでしょうか。そこで今月は、NewsCred渾身の究極ガイドを一気にご紹介。あなたのブランドのコンテンツマーケティングを前進させる方法を詳細かつボリューム満点でお届けします。

 

オーディエンス獲得の新たな手法「ライセンスドコンテンツ」の究極ガイド

1.png

「さらなる拡大を考えているけど、自社のチームのみでコンテンツを制作するのはリソース的に難しい」「コンテンツの幅を広げたい」コンテンツマーケティング戦略を一気に加速させたい時に手助けしてくれるのが、信頼できるパブリッシャーの上質な記事を活用できるライセンスドコンテンツという手法。ブランドに関する高感度かつ品質の高い記事を活用して、より幅広いオーディエンスの興味関心をひきつけてください。

記事を読む

 

ブランデッドコンテンツの究極ガイド

2.png

ブランドが発信するコンテンツは、そのブランドの本質や価値観を体現するものだと言っても過言ではありません。本ガイドでは、優れたコンテンツを作成するコツからブランデッドコンテンツの活用ポイント、そしてすぐに取り入れるべきベストプラクティスまでを丁寧に解説。コンテンツを単なる情報発信と捉えず、有効なブランドメッセージとして考え、ブランドが持つ独自の魅力を浸透させていきましょう。

記事を読む

 

コンテンツ戦略を構築する究極ガイド

3.png

「あなたのブランドは、コンテンツを通してどのような目的を達成したいですか?」 成功するコンテンツマーケティングは、目標とKPIを設定することから始まります。綿密な目標設定のもと、チームの役割分担を明確にして、編集カレンダーを作り、結果を測定するツールが確定したら、それらをすべて文書化してチーム内で共有しましょう。

記事を読む

 

コンテンツマーケティングの効果を最大化する「ビッグロックコンテンツ」の究極ガイド

4.png

コンテンツマーケティングの効果を最大限に発揮するのに欠かせない、ビッグロックコンテンツ。創造性を発揮し、コストとリソースをかけて取り組むことで、通常のコンテンツ運用では得られないほど大きな効果を生み出します。コンテンツは一度制作して公開したら終わりでしょうか? いいえ、違います。ビッグロックコンテンツは何度も再利用ができるうえ、パーソナライズした拡散することもできるのです。本ガイドをもとに、他にはないコンテンツを構築し、オーディエンスを熱狂させてください。

記事を読む

 

コンテンツマーケティングのビジネスケースを構築する究極ガイド

5.png

コンテンツマーケティングを持続させるには一定の投資が必要ですが、成果が現れるまでにやや時間がかかるため、思うように予算が獲得できないと四苦八苦する担当者も少なくはないのでは。そうした悩みを解決するために、このガイドが誕生しました。優れたコンテンツの有効性を統計結果、有名ブランドのコンテンツマーケティングの成功事例を丁寧にまとめました。参考事例たっぷりの本ガイドをもとに、プロジェクトが成功するまでのロードマップを描いてみませんか。

記事を読む

 

Related Articles
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能
マーケターとして、私たちの誰もがマーケティングプロジェクト管理の実務において苦い体験を味わってきました。完了まで2週間だったプロジェクトは、ほとんどが引き延ばされ、バージョン管理が