favorit
marchmeena29marchmeena29

今すぐ集まれ!統合型マーケティングコミュニケーションの重要性

重複作業を減らし、コラボレーションを改善し、パフォーマンスを向上させるために、すべてのマーケティング活動を統合することは重要です

単刀直入に言うと、統合型はマーケティングをさらに有効なものに変える力を持っています。

中でも、コミュニケーションは最重要事項であり、統合型マーケティングコミュニケーション(IMC)計画がない統合型マーケティング戦略は不完全です。統合型マーケティングコミュニケーション計画が、内部関係者内の共通認識を保ちつつ、各タッチポイントで一貫性のあるカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を提供するために役立つ方法をいくつか紹介します。

 

統合型マーケティングコミュニケーションの重要性

今日のデジタルに精通した消費者は、すべてのコンテンツとコミュニケーションポイントによるシームレスなエクスペリエンスを期待しています。彼らは自分が探し始める前から、ブランドが自分の探しているものを把握していることを望み、支離滅裂なエクスペリエンスを認識できるだけの分別があります。

統合型マーケティングコミュニケーション計画を立てることで、消費者の期待に確実に応えることができるでしょう。

 

ブランドボイスは1つに

注目される時間が短い現代のデジタル環境において、IMC計画は信頼性を構築し、もっとも価値のある見込み客と既存客の育成を助けます。逆に、支離滅裂なエクスペリエンスはキャンペーンの影響力を弱め、オーディエンスの不信感を生むため、すべてのキャンペーンを通じてあなたのブランドだと認識される、一貫性のある声を確立しなければなりません。

シームレスな顧客体験を

電子メール、ソーシャル、モバイル、ウェブおよびその他のチャネルで展開される独自のキャンペーンは、マーケティングチームに時間とリソースを浪費させ、シームレスなエクスペリエンスを妨げることになります。統合型マーケティングコミュニケーション計画を掲げることは、1回限りのキャンペーン作成を制限し、代わりにチームが一貫性のあるメッセージングにもとづくオムニチャネルキャンペーンの計画および構築に役立ちます。

内部の連携

外部の代理店パートナーまたはコンサルタント、内部の経営幹部の承認者、水平な立場にあるクロスチャネルの利害関係者、垂直な関係の企業または法務の承認者、それぞれの連携が不十分だと、メッセージの維持が困難になることがあります。統一・統合されたエクスペリエンスを提供するためには、キャンペーンのあらゆる部分とすべての関係者が共通認識できる状況を確保するIMC計画が必要なのです。

 

成功へと導く統合型マーケティングコミュニケーション計画の構築

上記のすべてを実際の統合型のコミュニケーションプロセスに適合するには、どのような方法があるでしょうか。効果的な統合型マーケティングコミュニケーション計画には、グローバルキャンペーン計画、ローカル管理、共同のマルチフォーマットコンテンツ、そして高度なレポートが欠かせません

以下より、4つの主なステップに分けてお話しましょう。

ステップ1: 焦点を絞ったキャンペーンブリーフの作成

IMC計画の作成でもっとも簡単で影響力のある方法は、共有されたキャンペーンブリーフ(概要)について連携し、同意を得ることから始まります。ブリーフには、そのキャンペーンを誰が・いつ・どこで・なぜ・どのように実施し、結果として、オーディエンスに何を検討さえ、実行させ、感じてもらいたいのかを記載しなければなりません。オーディエンスがあなたにその話を伝えるべき理由は何ですか?どのようにターゲットオーディエンスにリーチしますか? どのような目標を達成したいですか?最も重要なことは、オーディエンスに価値を提供し、もっとも影響力のある方法で目標を達成するためにに、どのようなアセットを作成すべきかを考えることです。完成したら、このブリーフは、すべての関係者が足並みを揃えて前進する際に役に立つ情報源として機能します。

NewsCredのコンテンツマーケティングプラットフォームを使用することにより、マーケターは、特定の各キャンペーンに関連付けられた集中管理型の保管場所にブリーフを作成またはアップロードすることができるようになります。詳細については、デモをリクエストしてください。

ステップ2: 定義されたコラボレーションワークフローにもとづいてコミュニケーションを図る

戦略的な連携も重要ですが、実行は別物です。キャンペーンを開始するために必要な要素ごとに、明確なコミュニケーションプロセスを設けてください。もっとも簡単な方法は、明確に定義されたワークフローを用意することです。

その手順は、プロジェクトごと、またはコンテンツの種類によって異なる場合があります。 柔軟なワークフローを作成すると、動画やランディングページからプレゼンテーション、インフォグラフィック、ソーシャル広告など、キャンペーンが依存するすべてのマルチフォーマットコンテンツの制作・管理に役立ちます。

次の利害関係者とのコラボレーションを促すために、通知システムを用意してください。使用するキャンペーンのプランニングおよび管理ツールにはこうした機能が必要であり、作業方法が簡単に設定できるものがよいでしょう。

ステップ3: 定期的なチェックポイントをスケジュール化する

キャンペーンのプランニング、構築および実行の各段階で定期的にミーティングする時間を確保すれば、キャンペーンの関係者間のコミュニケーションの導線が途絶えることがありません。チームはこの時間を活用して、アイデアを創出し、共同作業を行い、成果物の進捗を確認する、または必要に応じて既存のキャンペーンに変更を加えるとよいでしょう。また、懸念事項、障害、または緊急の修正について共有してもいいでしょう。

ステップ4: キャンペーンの全容を可視化する

キャンペーンの実施は、統合型のコミュニケーション計画が終了ではありません。コラボレーションにもとづくアイデアの創出と実行から、業績報告を支援するまで、コミュニケーションループを完結させてください。テクノロジーを活用し、統合型キャンペーンの効率とパフォーマンスを可視化しましょう。NewsCredのCMPのような一元化されたプラットフォームは、チームプロセスを可視化し、キャンペーンの進捗状況を評価し、1つの統一されたワークスペース内で潜在的なボトルネックを特定するのに役立ちます。結果、マーケティングチームは、マーケティング組織と企業全体の両方に戦略、プロセス、成果を報告する際に必要となる補足データを含んだ、透明性のある計画を立てることができるようになるでしょう。

 

あなたのマーケティング組織は、統合型マーケティング・プロセス全体で円滑なコミュニケーションを実現することに苦戦していませんか?受賞歴のあるNewsCredのコンテンツマーケティングプラットフォームの支援内容をお確かめになりたい方は、こちらからデモをリクエストしてください。

 

元記事「Come Together Now: Why Integrated Marketing Communications Matter」は2019年7月9日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのJen Gustavsonが執筆し、Industry Diveのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

 

Related Articles
日本を代表する大企業・NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、オウンドメディア「Biz Drive」によるデジタル上のコミュニケーション施策を行なっています。同社はネットワークサービスに留ま
この1年、リモートワークが広く浸透したことで、働く環境が大きく様変わりしました。毎朝、チームのメンバーと顔を合わせて挨拶することも、ちょっとした打ち合わせもなくなり、オンラインでミ
統合型マーケティングが与えるビジネスへの明確な影響と、成功した場合によって生み出される成果についてはすでにご理解いただいていることでしょう。次のステップは、リーダーシップとマーケテ
ゲーム業界は、昨今もっとも画期的で革新的な分野の1つですが、競争が非常に激化しているのも事実です。そこで、ゲーム界の最大手企業数社に着目して、ブランドが同企業のマーケティング戦略か
NewsCredのIntegrated Marketing Editionの展開に伴い、当社はCMPにさまざまな新しい機能を追加しました。当社のユーザーはアップグレードされた機能に大喜びくださいましたが、一部の追加機能
マーケターとして、私たちの誰もがマーケティングプロジェクト管理の実務において苦い体験を味わってきました。完了まで2週間だったプロジェクトは、ほとんどが引き延ばされ、バージョン管理が